例会・大会案内
出版案内
関連イベント案内
コラム・書評
徳島地方史研究会について
 徳島地方史研究会は、徳島に関する地域史研究に興味・関心を持つ者によって組織された在野の地域史研究団体です。

 本研究会が「徳島史学研究会」として産声を上げたのは、1969年4月のことです。1972年に徳島地方史研究会と改称しましたが、そのときの会告には、「徳島県という郷土に密着した地道で科学的な歴史学の研究を構築」するという研究会の目的が、高らかに歌い上げられています。

 発足以来40年。いくたびかの運営上の危機もありましたが、毎月の例会活動や史料調査などに取り組み、機関誌『史窓』を毎年、論集『阿波・歴史と民衆』を10年ごとに刊行するなど、研究活動を積み重ねてきました。また、1977年から公開研究大会を開催して、研究成果を地域社会に還元するなどの取り組みも続けています。

 なかでも、本会をはじめとする関係各団体の運動の結果、1990年に徳島県立文書館が設立されたことは、我々の大きな誇りです。

 本会は地方に拠点を置く小さな研究会ですが、徳島という地域にこだわり、徳島の歴史を研究することによって、そこに暮らしてきた人々の営みを掘り起こし、より豊かな地域史像を形作ることができたらと願っています。

 より多くのみなさんの参加をお待ちしております。

徳島地方史研究会 代表  徳 野 隆

連絡先・入会案内について
 このホームページに関するお問い合わせと、入会に関するご相談は、
下記の担当者(当ホームページ管理人)までご連絡ください。

徳島地方史研究会40周年記念事業特別委員会
委員長 松下 師一 (まつした のりひと)

771-0220 徳島県板野郡松茂町広島字四番越11-1
松茂町歴史民俗資料館・人形浄瑠璃芝居資料館 松下気付
電話(088)699-5995/FAX(088)699-5767
Eメール matsushige@joruri.jp

(注)徳島県の歴史や、当会会員の研究業績に関する個別の質問には応じかねます。あらかじめご了解ください。